トヨタレンタリース京都「クイックチェックインサービス」について

クイックチェックインサービスは事前にお客様にレンタカーの利用説明事項をご理解いただくことにより、
貸渡をスピーディーに行うサービスです。

「ご案内」(クイックチェックインサービスをご利用いただくお客様へ)

  1. 本サービスご利用について
    事前に必ず内容をよく読んでご確認下さい。万が一、ご不明・疑問と思われる点がございましたら、ご来店時にご遠慮なくスタッフまでお問い合わせ下さい。
  2. 燃料について
    ご利用いただくお車は、すべて燃料は満タンの状態でお渡しいたしますので、ご返却の際には最寄のガソリンスタンドで満タンにしてご返却下さい。
    ご返却の際、給油レシート(領収書)にて満タンを確認させて頂きます。また、ご都合により満タンでお返しになれない場合には、別に定める走行キロ換算料金にてご精算させて頂きます。
    この場合、実際の給油金額と若干異なる場合がございますので、予めご了承下さい。
    ※途中給油をされました場合には走行キロ換算ができませんので満タンでご返却をお願いします。
  3. 保険・補償制度および事故負担金について
    • 保険・補償制度について
      お車には下記の金額を限度として保険等による補償がついております。
      ・対人補償1名につき:無制限
      ・対物補償1事故につき:無制限(免責5万円)
      ・車両補償1事故につき:時価額(免責5万円但し、バス・大型貨物車10万円)
      ・人身傷害補償1名につき:3,000万円まで
      過失割合にかかわらず、搭乗中の自動車事故によるケガ(死亡・後遺傷害を含みます)に対して、保険金額3,000万円の範囲内で総損害額をまとめて補償いたします。
      なお、総損害額の認定は保険約款に基づき保険会社が行ないます。
    • 事故による損害額は上記保険の限度内において補償されます。補償限度額をこえたもの及び免責金額(注:1)又は保険約款の免責事項(注:2)に該当する事項はお客様の負担となります。
      (注:1) 免責補償制度にご加入いただきましたお客様につきましては、ご負担はございません。
      (注:2) 「故意によって生じた損害」「飲酒」「薬物使用」「パンクやタイヤの損傷」「ホイールキャップの紛失」など
    • 次の場合には補償を受けられませんのでご注意ください。
      ・事故を警察に届けなかった場合(事故証明のない場合)
      ・契約者及びクイックチェックシートにご記入頂いた副運転者以外の方が運転して起こした事故
      ・無免許者が運転して起こした事故
      ・酒酔い運転により発生した事故
      ・氏名・年齢・住所等を偽った者の運転により発生した事故
      ・期間を無断で延滞して使用された場合の自動車及び第三者に与えた損害
      ・使用、管理上の落ち度がお客様にあった場合
      「キーをつけたまま駐車し盗難にあった場合」
      「迷惑駐車などに起因した損害」
      「室内装備の汚損」
      「装備品の紛失」
      「チェーン等の取り扱いおよび装着不備による損害」
      「各種テスト若しくは競技使用などに起因した損害」など
      ・その他トヨタレンタカー貸渡約款に揚げる事項及び違反があった事故
  4. 車両の点検および外装のチェックについて
    ご利用いただくお車は事前に、車両の点検・整備を実施しておりますので安心してご利用下さい。
    車体外装の損傷およびタイヤの摩耗についても、事前に点検しチェックシートをお渡しいたしますのでご確認下さい。
  5. 万一事故・盗難・故障・汚損等を起こされた場合、お客様のご負担は以下のとおりです。

    ※1NOCの適用については、約款上の「その責に帰する」即ち「お客様に少しでも過失責任がある」場合について適用させていただきます。又、「過失なし」の判定は原則として事故証明によることとします。
    ※2走行可能でも店舗に返却されなかった場合(路上放置等)は、50,000円 を申し受けます。
  6. 事故、故障が発生した場合、以下の対応をお願いいたします。

  7. 違法駐車をしないようご注意下さい。
    ●数分の間でも放置車両の確認標章が貼られます。
    ●確認標章が貼られたら、レンタカーご返却までに違反処理をお済ませ下さい。

  8. ご返却について
    ご契約時間を延長される場合は事前にご出発店舗へご連絡ください。
    又、店舗に到着されましたら、 店舗スタッフがお客様と一緒にキズの有無をチェックした後、
    超過時間等の料金精算をいたします。車内にお忘れ物のないようにお気を付けください。
  9. その他注意事項
    1. 貸渡期間中の日常点検整備など、保管場所の確保を含む貸渡車両の管理者はお客様となります。毎日使用する前に「道路交通法第47条の2」に定める日常点検整備の実施をお願いします。又、良善な管理者の注意義務をもってレンタカーの使用、保管をお願いいたします。(お客様に使用、管理上の落ち度があり発生した事故等による損害はお客様ご負担となります。)
    2. お客様がお持込まれた(車内を含む)搭載品に損害(汚損・破損・盗難・変損等)が発生しましても当社は一切責任を負いません。
    3. レンタカーをご返却の際は、車内にお忘れ物のないよう充分にご注意下さい。当社では一切責任を負いかねます。(遺留品につきましては必要なきものとみなし処分させていただきますのでくれぐれもご注意ください。)
    4. レンタカーの日本国外への持ち出しは勿論、各種テスト若しくは競技に使用することは、固くお断りいたします。
    5. ナビゲーションは、あくまで走行の参考として地図と音声で案内するものですが、精度やGPSシステムの特性により、まれに不適切な案内をすることがあります。案内ルートを走行するときは、必ず実際の交通規制(一方通行など)にしたがうとともに、道路状況に即した運転を心がけてください。目的地案内等で表示されるルートは規制標識の変更、道路の変更などにより実際の交通規則、ルートと異なる表示がされることがありますので予めご了承の上ご使用願います。また施設、場所、地域によっては、かならずしも正確な所在地となっているとは限りませんのでご注意ください。
      ※ナビゲーションの詳しい操作方法は、取扱い説明書をご覧ください。その他ご不明な点は、担当スタッフにおたずねください。
      ※安全のため、走行中に操作をしないでください。走行中の操作はハンドル操作を誤るなど思わぬ事故につながるおそれがあります。
      ※ナビゲーションの故障、不具合により生じたレンタカーが使用できないことによる損失(休業補償、商業損失など)の補償は致しかねます。
    6. お客様(借受人及びお申し出いただいた運転者)が次の事項に該当する場合は、レンタカーの貸し渡しをお断りすることがあります。
      ※レンタカーの運転に必要な運転免許証を有していないとき。
      ※酒気を帯びている時や麻薬、覚せい剤、シンナー等による中毒症状等を呈しているとき。
      ※過去にレンタカー賃貸において事故歴があり当社が不適当と認めた場合。
      ※過去にレンタカー賃貸において無断延長等の事実があり当社が不適当と認めた場合。
      ※他のレンタカー事業者において貸渡約款第23条に該当する行為があったとき。




確認シートをダウンロードするには上記内容を確認してください。

上記以外はトヨタレンタカー貸渡約款に基づきます。

携帯電話からもクイックチェックインサービスをご利用いただけます。
予約フォーム